LeXML

辞書特化型XMLフォーマット

国際標準 IEC62605

2011年、LeXML(ver.2.0)をベースとしてデジタル辞書フォーマットの国際標準「IEC 62605:2011」(Multimedia systems and equipment - Multimedia e-publishing and e-books -Interchange format for e-dictionaries)が発行されました。 その後もLeXMLと歩調を合わせる形で拡張と更新が進み、2021年には第3版となる「IEC 62605:2021」が発行される予定です。

日本のデジタル辞書は、ややガラパゴス的な性格を持ちつつも、その市場規模と商品化実績は国際的にも群を抜いており、国際標準化という形で海外での辞書デジタル化にも貢献しています。